メニュー

新着情報 - 税理士法人 旭総合事務所

新着情報what's new

1月の花 -アルストロメリア-

公開日:2023年01月27日(金)

最強の寒波が襲来している東京ですが、みなさまいかがお過ごしですか。
今月の花は「アルストロメリア」です。

 

202301flower01

 

花屋さんに行った際に、華やかさが目に飛び込んできたので、
そのまま事務所まで一緒に連れて帰ってまいりました。

 

まだら模様、縞模様の花びらが特徴的なお花です。
よく見ると葉っぱも特徴的ですね。

 

南米原産のお花で、スウェーデン出身の植物学者が、
親友の名前にちなんで「アルストロメリア」という名前をつけたのだそうです。

 

202301flower02

 

日本では「ユリズイセン」や「ペルーのユリ」などと呼ばれているそうです。

 

切り花でも2週間程度きれいな状態が長持ちすることから、
「持続」という花言葉がついています。

 

色によっても違う花言葉があります。
ピンクのアルストロメリアの花言葉は「気配り」
白のアルストロメリアの花言葉は「凛々しさ」
赤のアルストロメリアの花言葉は「幸い」
etc...

 

アルストロメリアは品種がとても豊富で、100種類ほどあるそうです。
写真の色の他にも、青、黄色、オレンジなどの色があるため、
花屋さんによると、アレンジメントにとてもおすすめなのだそうですよ。

 

というわけで今月の花は「アルストロメリア」でした。

あけましておめでとうございます

公開日:2023年01月04日(水)

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年もコロナが終息せず、3年目が過ぎてしまいました。

現在は過度な警戒が薄れ、感染者が増加し第8波の様相ですが、

そろそろコロナ後に向けて動き出さなければ行けません。

 

昨年は個人税理士事務所を法人化して

「税理士法人 旭総合事務所」として再スタートしました。

事務所の中身に変わりはありませんが、

事業承継や職員の今後を考え、法人化を決定しました。

一昨年の巻頭言に書いた新しい時代にマッチした新しい会計事務所の

実現に向けての第一歩です。

組織、名称は変わっても中小企業の社長様の真のパートナーでありたい

という経営理念に変化はありません。

 

以前にも増したお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

税理士法人 旭総合事務所

代表 植﨑 茂

 

 

年末年始休業のお知らせ

公開日:2022年12月20日(火)

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
年末年始を以下のとおり休業とさせていただきますので、

ご案内申し上げます。

2022 eto tora kakizome

休業期間:令和4年12月29日(木)~令和5年1月3日(火)
※令和5年1月4日(水)10:00より平常どおり営業いたします。

 

期間中はご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

尚、休業期間中にいただいたご連絡は1月5日(水)より順次ご対応いたします。

12月の花 - ブルーアイス-

公開日:2022年12月19日(月)

寒さが増して、イルミネーションがキレイな季節になりました。
今月の花は「ブルーアイス」です。

 

202212flower01

 

色々な花がある中で、左側にニュッと伸びた緑の葉。
これがブルーアイスです。

 

202212flower02

 

園芸用に用いられるヒノキやマツなどの針葉樹の総称をコニファーと呼び、
ブルーアイスは品種名で、薄皮アリゾナ糸杉の栽培品種のようです。
コニファーの中でもブルーアイスはシルバーリーフと呼ばれる銀色を帯びた葉が美しく、
人気のコニファーのひとつだそうです。

クリスマスのアレンジメントでもよく見かける葉で、とてもいい森の香り。

 

202212flower03

 

ちょっと変わった色のカーネーションと一緒にアレンジしてみました。
最近は、ちょっとくすんだ色のカーネーションもたくさん出回っていて人気があると
花屋さんがおっしゃっていました。
今月はブルーアイスとカーネーション、バラたちがみなさまのご来訪をお待ちしております。

 

みなさまこの年末のご予定はお決まりでしょうか。
今年はクリスマス寒波が襲来するかもしれないらしく、冬本番の寒さになるようです。
暖かくしてよい年をお迎えください。

また来年、みなさまの元気なお姿にお会いできるのを楽しみにしております。

9月の花 - リンドウ -

公開日:2022年09月21日(水)

 暑さも少し和らいで、秋の気配を感じます。
朝晩はめっきり涼しくなりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

今月の花はリンドウです。
野山に自生する代表的な花のひとつ。
力強い生命力を感じますが、つぼみは上品で可憐な印象。

 

202209flower01 202209flower02

 

紫だけではなく、いまでは青・白やピンクなど色も豊富になりました。
このリンドウ、昭和初期から品種改良が進んでいまの形になったそう。
これまでは生け花の花材として重宝されていましたが、
品種改良によって茎が長く、花付きがよくなり
いけばなだけでなく仏花の素材としての利用価値が高まったことで流通が進んだようです。

202209flower03

 

たくさんのつぼみがついているリンドウですが、
栽培種では花が咲かないエゾリンドウ系がが主流とのこと。
切り花として流通しているリンドウはほとんど咲かずにその花を終えるようです。

 

リンドウは日本だけではなく中国原産でもある花。
漢名では『竜胆』と書きます。
リンドウの根が中国で漢方薬として使われていたのですが、
「竜の胆のように苦い」と例えたことからこの漢字が使われるようになったとのこと。

 

漢方で使われていたことから「いつまでも元気でね」と健康を願ったり
紫色が高貴な色であることから敬意の気持ちを伝えるなど
敬老の日のお祝いにも使われることが多いようです。

 

今月は鮮やかなリンドウが皆さまをお迎えいたします。

8月の花-ワイルドフラワー-

公開日:2022年08月31日(水)

この夏は酷暑でしたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
今月はワイルドフラワーをご紹介します。

 

202208flower01

 

エキゾチックで、力強く、

エネルギッシュなワイルドフラワーたちは、

暑さに強くこの時期には強い味方の花たちです。

原産国は南アフリカやオーストラリアなどの南半球です。

 

202208flower02

 

まずはピンクッション。

その名の通り針刺しに針が沢山刺さっているかのようで、

一度聴いたら忘れない名ですね。
花ことばは「どこでも成功を」。

切り花で2週間から3週間ほど持ちます。鮮やかな赤が魅力的です。

 

202208flower03

 

こちらはワックスフラワー。

こちらもその名の通り花が艶々していて、

ロウが塗ってあるように見えます。
小さくて、かわいらしいこの花の花ことばは「繊細」です。

 

202208flower04

 

エリンジウム 

「砂漠のバラ」と呼ばれるこの花は、

ユニークな形と質感で、アレンジに変化をつけたいときに重宝です。
花屋でよく見かけ、手に入り易いです。花言葉は「秘めた恋」

 

202208flower05

 

スモークグラス
イネ科のこのグリーンは、いかにも涼し気です。

1本だと印象が薄いのですが、束にすると渋くて洒落ています。
茎は空洞で折れやすいので注意して入れます。花言葉は「率直」です。

 

202208flower06

 

モンステラ
穴の開いた個性的なこの葉は、お馴染みです。

サトイモの仲間ですが、私はモンステラの花を見たことがありません。
鉢植えで花を咲かせるのは難しいそうです。

 

ワールドフラワーは、扱う時期や店が限られており、一般的な花より値段が高いのですが、
個性的な花たちが、目を楽しませてくれます。たまには良いものですね。
暑さが和らぐのは、まだ少し先になりそうです。

どうぞ、夏の疲れに気を付けてお過ごしください。

6月の花

公開日:2022年06月08日(水)

梅雨に入り、雨の日も多くなりました。
湿度が高くて緑が瑞々しく、歩道の脇などでも美しく咲いているのを見かけます。

 

今月の花は紫陽花です。

 

あじさいの「花」のように見える部分は「装飾花(中性花)」という実を結ばない花のガク。
本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、
額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついています。

 

店頭では鉢植えのものもよく見かけます。
最近は、カーネーションの替わりにと、母の日のプレゼントに選ばれることも多いようです。

 

今回は力強い色のものを選んでみました。

 

202206flower01 202206flower02

 

紫陽花の色は土壌のphによって決まるそう。
日本の土壌は弱酸性のことが多いため、青や青紫の紫陽花になりやすいそうです。

 

青、青紫の紫陽花の花言葉は『辛抱強い愛情』など。
雨の中、美しい花を咲かせる様子がそのようなイメージを連想させるのかもしれません。

5月の花

公開日:2022年05月16日(月)

5月の花は芍薬です。
毎年この時期を楽しみにしています。
優しい香りと大輪の美しい花です。

 

202205flower01

 

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
これは美人を表す言葉です。
芍薬はすらりとしているので、茎まで見て楽しめるガラスの花瓶がお薦めです。

 

202205flower02

 

芍薬は元々漢方薬です。立てば芍薬の立てばは、イライラと気のたっている人を意味していて、
芍薬の根が効くらしいです。

 

午後にはどんどん花が開いて来ました。

 

202205flower03

 

花が全部開いたら、短く切って花束風にしたいと思います。
今月は芍薬の優しい香りで、お客様をお迎えいたします。

4月の花

公開日:2022年04月21日(木)

4月も後半になり、すっかり暖かくなりましたね。
今月の花は「トルコキキョウ」です。

 

202204flower01 

 

ふりふりの花びらがとても華やかなトルコキキョウ。
花言葉は、「すがすがしい美しさ」、「優美」だそうです。

 

202204flower02

 

すがすがしい美しさ。
なんというパワーワード。
しかし、納得してしまう美しさですね。

 

お花屋さんでひときわ目立っていた、黄色のトルコキキョウを選んでみました。
すっきりしていた事務所の入口が、一気に華やかになりました。
優しく香る甘い香りもお楽しみください。

 

トルコキキョウは今の季節から夏にかけて楽しめるお花だそうです。
お花屋さんに立ち寄った際には、色とりどりのトルコキキョウが楽しめますよ。

 

ということで、今月はすがすがしく美しい、優美なトルコキキョウが皆様をお迎えします。

3月の花

公開日:2022年03月31日(木)

3月はお花屋さんが一年の中で一番忙しい月のようです。
オレンジのフリージアが珍しく入荷したとのことで、事務所入口に飾ってみました。

 

 202203flower01

 

蕾が横に伸びていて、大きいものから小さいものへ花が開くのがユニークです。

 

202203flower02

 

水仙に似た、清潔感がありながら甘い香りが辺りに漂います。
お越しいただいた際にはその姿かたちの華やかさだけでなく

その香りも楽しんでいただけると思いますので、ぜひお近くでご覧ください。

 

オレンジのものがメインですが、数本白い花が混ぜてあります。
店頭で見た際はオレンジ色の珍しさと強さに惹かれたのですが、

真っ白なものも可愛らしく、オレンジはもちろん茎や葉のグリーンとの

コントラストが美しいですね。
いくつか白いものを入れるとよいかも、というのは、

というのは店員さんからご提案いただいたのですが、飾ってみてよくわかりました。

 

フリージアの花言葉は「あどけなさ」、「純潔」、「親愛の情」だそうです。
可憐さ、丸みのある花の形から感じる人懐っこさにぴったりだと感じました。

 

202203flower03

 

蕾の部分だけ見るとアスパラガスに似ている・・・。

 

こちらもぜひご覧いただけたらと思います。

 

今月の花、フリージア。
多くの方に楽しんでいただけたら幸いです。